10_logo_mini.png

sankyo_logo.png



成人し、巣立っていくまで長い時間過ごすことになる「家」は、子供たちの感受性に大きな影響を与えることは疑いのないところです。だからこそ、本物の素材に包まれて暮らしたい。「じゅうばこ」は、飯能が育んだ木をふんだんに使った木の家。床や手にするところは、風合いを感じる無垢の木です。数値には表せませんが、「子育て性能」は断然高いと言い切れます。


02_p.jpg手に触れるところには、本物の素材を使いました